新規案件応募時のテストライティング価格ってどれくらいなら受けるべき?

ライターのアレコレ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、コージロー(@cohzirow3)です。

案件への応募を続ける中で気になったことがありました。

倉田 航仁郎
倉田 航仁郎

テストライティングの報酬が、すごい安いところってどうなんだろう…

ザラにあるんです。

テストライティングのみ文字単価0.1円。本契約になれば1.0円。昇給あり。

みたいな募集が。

なので今回は

ギモン

テストライティングの価格ってどれくらいなら受けるべき?

というギモンにお答えします。

スポンサーリンク

テストライティングが本契約の半額以下の場合は要注意

ちょっと気になる案件があったものの受けるかどうか迷っていたので、Twitterでアンケートを実施してみました。

その内容と結果がこちら。

ちびコージロー
ちびコージロー

文字単価0.2円てなかなか破格やな(逆に)

倉田 航仁郎
倉田 航仁郎

そうそう。

だから確認したら、案の定、みんな「受けない」だったね。

トサカ先生
トサカ先生

そうなのだよ。テストライティングで足元見てくるクライアントは受けるべきではないのだよ。

倉田 航仁郎
倉田 航仁郎

(あ、トサカ先生だ)

そうなんです。

テストライティングが格安、中には無料というところまであります。

トサカ先生
トサカ先生

そういうところに限って、本契約時の単価が高かったり頑張り次第で昇給ありってのを匂わしてくる傾向にあるのだよ。

甘い餌で、誘い込んでいるのだよね。

倉田 航仁郎
倉田 航仁郎

じゃぁ、テストライティングの価格ってどれくらいなら安心だろう?

ってことで、再度Twitterでアンケートしてみました。

その結果がこちら。

ちびコージロー
ちびコージロー

ライター界隈では、だいたい本契約の半額以上なら安心ラインと見てるんやな。

テストライティングの価格をやたらと安く設定しているところは危険信号だ、というのがライター界隈の常識なようでした。

何故テストライティングが安すぎると危険なのか?

色々な方にお話をお伺いしたところ、テストライティングが安い案件はその後、下記のような状況になることが多い傾向にあるようです。

  • テストライティングだけで終わる(継続されない)
  • その後もテストライティングがしばらく続く(試用期間のようなイメージ)
  • 継続契約とはなっていても案件の依頼がこない(キープ)
  • 公約通りの単価に上がっても、その後に昇給される気配がない(昇給条件が曖昧)
  • 単価交渉に応じない(他の人もこの単価だ、などの理由ではぐらかされる)
トサカ先生
トサカ先生

そういったクライアント様は、甘い餌に食いついたライターを取っ替え引っ替えしながら記事だけ書かせて使い捨てている可能性が高いのだよ。

格安で大量に記事を蓄えられるし、嘘をついているわけでもない。

義理人情でいけば引っかかるけれど、悪いことをしているわけはないのだよ。

つまり、ライターを使い捨ての駒と考えている可能性が高いのでひとりひとりと真摯に向き合おう、という気概が少ないクライアント様である場合が多いということですね。

【まとめ】物事を判断する目を養い、自分を安売りしないこと

ライター人口が増加し、執筆の相場が安くなってきていることから、クライアント様からすればいくらでも替えのきく駒が増えたと考えるのは自然なことでしょう。

お互いにビジネスです。

安い文字単価でも問題ないライターだって、ごまんといます。

しかし少しでも単価を上げていきたいと考えているなら、テストライティングの価格が破綻しているところは応募しないほうが無難でしょう。

「自分には実力がないから、これくらいでも受けないと…」

なんて思う必要はありません。

自分を必要以上に安売りする必要はないのです。

ボクも実際、テストライティング無料の案件をしたことがありますが

「継続契約とさせていただきます。しかし今ご案内できる案件がないので、またご連絡します」

と言われたっきり数ヶ月立ちますが、いまだになんの音沙汰もありません。

こちらがいくら真摯に取り組んでも、相手に取り付く島がなければどうしようもないのです。

経験して初めてわかるといえばそうなのですが、事前情報として知っておくだけでも危険回避に役立つのではと思い、記事にまとめました。

数打てば必ず地雷に当たりますので、うまく避けながら、お互い楽しいライター生活を送りましょう。

とても親身にライターの気持ちを汲んでくださったり、文字単価も真っ当な設定のクライアント様もたくさんおられます。

だから1回や2回で諦めずに、どんどん新しい案件に応募してアタックしていきましょう!

今回はここまで!

タイトルとURLをコピーしました