起業した個人事業主でも貰える再就職手当。失業給付とどっちがお得か?

フリーランスについて
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、コージローです。

最近ハローワークによく行きます。

そこで色々と相談するのですが、仕組みがややこしいので質問しまくっていて、そこで聞いたことをメモっておこうと思い、記事にしておこうと思います。

再就職手当?失業給付?どうやったら一番多くもらえるの?

今回はそんなお話。

では、始めていきましょう。

スポンサーリンク

再就職手当って何?

再就職手当とは

ハローワークの公式サイトにザッと説明されていたので、下記に引用します。

再就職手当は、基本手当の受給資格がある方が安定した職業に就いた場合(雇用保険の被保険者となる場合や、事業主となって、雇用保険の被保険者を雇用する場合など)に基本手当の支給残日数(就職日の前日までの失業の認定を受けた後の残りの日数)が所定給付日数の3分の1以上あり、一定の要件に該当する場合に支給されます。支給額は、所定給付日数の支給残日数×給付率×基本手当日額(一定の上限あり)となります。
給付率については以下のとおりとなります。
基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の2以上の方は、所定給付日数の支給残日数×70%×基本手当日額(一定の上限あり)。 
基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上の方は、所定給付日数の支給残日数×60%×基本手当日額(一定の上限あり)。

引用元:ハローワーク

要するに、予定給付日数を残して再就職した場合は、その先期間満了まで貰えるはずだった失業給付を残日数から計算してまとめて支給しますよ、という仕組みです。

これによって、早く就職を決めたら給付がもらえない!と二の足を踏んでいた人たちの背中を押そうという狙いがあります。

もちろん個人事業主として起業した場合も、所定の書類を提出すればこの対象となりますので、フリーランスとして起業する場合も受け取ることができます!

貰える条件

これもハローワークに条件が記載されていますので引用しますね。

引用元:ハローワーク

結構しっかりとした条件があります。

これらを全うしないと支給は受けられませんのでご注意ください。

自分が給付対象かどうか、また、どうすれば給付されるかはハローワーク窓口で確認しておくと安心です。

注意しないといけない点

上述の通り、『貰えるはずだった残りの失業給付をまとめて受け取れる』というのは大きなメリットです。

しかし、注意しないといけないのは、失業給付の期間を満了するまで受け取れる金額より多少減るということです。

上記の計算式の通り『支給残日数×70%(または60%)×基本手当日額』という部分ですね。

期間にもよりますが、受け取れる金額は60%〜70%減額されるということなんです。

もちろん、それまでは普通に失業給付は受け取れますので、再就職(または起業)が決まった時点で残日数から判断し、計算されて残額が給付されるという仕組みになっています。

一見、失業給付+再就職手当という二重取りっぽい雰囲気があるのですが、そうではありません。

あくまで、残った分をちょっと減額して支払いますよ、ということなんです。

この点は注意が必要です。

失業給付って何?

失業給付とは

離職した後、失業中の生活を守りながら再就職に向けて求職するために給付されるものです。

雇用保険に入っていた期間や、その時の収入、退職理由などによって条件分けされ、90日~360日の間で給付されます。

貰える条件

ハローワークのその条件が掲載されていたので引用します。

引用元:ハローワーク

要するに、働く意思があって、働くことができる状況で、それでも仕事が見つからず、再就職のための活動をしっかりとしている人なら基本的にもらうことができるということです。

前職で一年間雇用保険に入っていれば、もらうことができるものなので、数ヶ月で転職し続けている人以外はだいたい支給されるのではないでしょうか。

色々と報告などの義務もありますので、そこで虚偽の報告をすれば不正受給として罰せられるのでその点はご注意を!

どうするのが一番良いか

一番多く受け取るには?

基本的には早期に再就職せず、失業給付の期間満了まで引っ張ったほうが、ハローワークから受け取る金額は多いです。

再就職すれば、もらえる再就職手当は減額されるわけですからね。

なので、ここからは考え方次第なのですが、この給付を受け取るがためにチャンスを逃すのは本末転倒なので、次の仕事でも給料がもらえることがちゃんと確約されているならさっさと再就職なり起業してしまった方が間違いなくいいと思います。

それなら、減額はされるものの失業給付はまとめてもらえて、それにプラスして新しい仕事の給与も得られるわけですし、精神的な安定も大いにあるはずです。

フリーランスだとどうなのか?

上記では一般論を書かせてもらいました。

ただ、フリーライターやアフィリエイターのような見えにくい仕事を生業とするフリーランスを目指している場合であれば、この辺りがすごく微妙になってきます。

チャンスも何も、コツコツと準備してコツコツ稼いでいくわけですからね。

なので、ボクとしてはハローワークのルールの中でしっかりと検証する期間としたらいいのではと思っています。

どういうことか。

以前書いた下記の記事で、『自分の口座に振り込まれなければ収入とみなさないので申告の必要がない』ということをお伝えしました。

これをうまく使えばいいと思うのです。

起業は焦らずともいつでもできるわけですし、実際起業してもうまくいくかどうかもわかりません。

だから、もしフリーランスでやっていくのだ!という夢があるのなら、失業給付を期間満了まで受給を受けながら、下記のような準備をしっかりとしていくのはどうでしょうか?

  • ブログを育てる
  • クラウドワークスで手応えをつかむ
  • ライターとしてのスキルを磨く

これらをフリーランスになる準備と思って手を掛けつつ、もしそれがコケた時にも再就職ができるようにハローワークで求職活動を怠らずにやっていく。

失業給付期間は、次の人生への準備期間です。

その期間を大切に使っていくのが今後の人生を有意義にするとボクは思います。

大切なこと

『フリーランスとしてやっていく!』という意思を固めた時点で失業給付をもらうことはできません。

これは不正受給になってしまいます。

あくまでも、次の仕事が決まるまでの間にもらえるのが失業給付なのですから、たとえ起業していなくても、その準備を始めた時点で失業給付をもらってはダメなのです。

この辺り、すごく微妙ですけれど、大切なことは、自分がどういう道に進むかを検討している途中であるという前提が必須だということです。

【まとめ】ルールを守って人生を設計する

すでにアフィリエイトで生活できるだけの副収入を得ている人が失業して、そのままその生活を続けるつもりで再就職の意思がないような人は、失業給付を受け取るべきではありません。

でもそんな確固たる地盤があって退職する人が多いわけではないと思っています。

ボクだってそうです。

唐突に退職に追い込まれ、妻子持ちの立場で無職になってしまったから、この機会にやりたいことで食べていけないか、ということを模索し始めた一人ですから。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

そうして突然無職に追い込まれた人は、こうやって明確な条件を突きつけられたらモゴモゴしてしまうと思いますが、内容をしっかり理解して、その中でルールを守りながらどうやって動くべきかというのを落ち着いて考えれば、きっとそれは新たな道を開く扉につながると思います。

諦めず、前向きにいきましょう!

今回はここまで。

タイトルとURLをコピーしました