フリーランスの起業。個人事業主か法人のどっちがいい?メリット/デメリットまとめ。

フリーランスについて
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、コージローです。

転職ではなくフリーランスとして食べて行く!と決めた場合、最初に大きな決断を迫られることになります。

あとで変更できるとしても、今後の身の振り方を考えて、事前に決めておいたほうがいいと思うこと。

それは、『個人事業主』としてやっていくか、会社を設立して『法人』としてやっていくか、ということです。

倉田 航仁郎
倉田 航仁郎

そもそもその2つって何がどう違うんだろうか?

ボクもよくわからなかったので、調べてみました。

今回は、その辺のお話をしていきます。

では、始めていきましょう。

スポンサーリンク

独立/開業には『個人事業主』と『法人』の2種類がある

独立だ!開業だ!

と言っても、その職種は千差万別。

要するに、自ら事業を起こして儲けを出し、食べていければそれは独立だし開業なわけです。

とはいえ、それを国にどういう風に認識してもらうのか、ということが必要になってきます。

個人(個人事業主)でやってますか?それとも、会社(法人)としてやってますか?

ということ。

この2種類を選択するわけなのですが、それぞれどう違うのかということを下記に綴っていきます。

『個人事業主』って何?

毎回恒例、Wikipedia先生の回答をチェックしておきましょう。

株式会社等の法人を設立せずに自ら事業を行っている個人をいう。

個人事業者自営業者ともいう。

事業主一人のみ、家族のみ、あるいは少数の従業員を抱える小規模の経営が一般的だが、制限はなく、大規模な企業体を経営することも出来ないわけではない。

雇用されている者(サラリーマンのこと)は個人事業主ではないが、継続的な請負(下請)や納入をする業者、代理店など、雇用でない契約によって他者の事業に従属する者はあくまで独立した経営であり、それが法人形態でなければ個人事業主である。


そもそも事業主は、事業を経営する個人や法人・団体を指すが、法律上では使用者(経営者)を指す。

引用元:Wikipedia

えぇ〜っと・・・

ややこしい・・・

もう少し読み進めるとこのようにも書いていました。

無職の者でも、例えば、○○商店等の屋号を作り、税務署に開業届を提出し、一個100円で仕入れた商品を200円で売る商売をはじめ、継続的・反復的に商売を行えば、個人事業主となる(開業届を提出した時点で個人事業主である)。

また、無職の個人でもブログでのアフィリエイト収入、オークションサイト等を利用した収入などがあれば個人事業主と名乗ることは可能である。このように個人事業主となるためのハードルはかなり低い。

引用元:Wikipedia

ここまで読んでお分かりの通り、一人でも二人でも人数に関係なく、開業届を出して法人化せずに経営していればそれは個人事業主である、ということですね。

キーとなるのは『開業届を提出したかどうか』ということのようです。

つまりは、個人事業主を名乗りたい場合、開業届さえ出してしまえば名乗れるということ。

開業届は別に儲けが出ていようがいまいが出せますし、受理してもらえるので、そう思えばかなり簡単に、個人事業主になれるということですね。

これはなんだかちょっと驚きでした。

個人事業主のメリット/デメリット

倉田 航仁郎
倉田 航仁郎

そんなに簡単になれるなら、サクッと開業届出しちゃお!

そう思ったアナタ。

もうちょっとお待ちください。

個人事業主にもメリットデメリットがありますので、そこを見てからにしましょう。

個人事業主のメリット

調べてみてわかったメリットを下記に記します。

  • 開業届の提出が簡単で安価
  • 自分一人だけしかいない会社でも社会保険加入義務がない
  • 赤字になっても課税されない
  • 青色申告特別控除が受けられる

それぞれについて見てみましょう!

開業届の提出が簡単で安価

個人事業主の場合の開業届は、安価と書きましたが、自分で出せば無料です。

ここで掛かる費用は、士業の人にお願いした時に払う場合に掛かるだけですから、自分でやれば無料ということです。

法人だと、会社印やらなんやら準備しないといけないらしく、それこそ士業さんにお願いしないと難しいのではないかと思うほどですので、準備にそれなりのお金と時間が必要なことがお分かりいただけるかと思います。

自分一人だけしかいない会社でも社会保険加入義務がない

倉田 航仁郎
倉田 航仁郎

社会保険ってそもそもなんじゃい

よく耳にする『社会保険』。

調べてみると、クラウド会計ソフトで有名な『freeee』のサイトに載っていました。

健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の総称のことですが、主に会社員が対象となる健康保険と厚生年金保険を指して「社会保険」ということがあります。

引用元:https://www.freee.co.jp/kb/kb-payroll/the-defference-on-social-insurance-and-employment-insurance/

会社員の時は気にせずとも自然と加入していたアレコレですね。

毎回給与明細でガッツリ引かれていたアレです。

全くいいイメージがないですよね…

そんな社会保険への加入が、個人事業主では一部条件に関しては義務ではないということなのです。

その一部条件とは。

適用事業所となる条件は、国や法人の事業所、個人事業所のうち一部の業種を除いた常時5人以上の従業員を雇う事業所です。

個人事業所で常時5人未満以下という場合などは加入が任意となるため、そもそも社会保険の加入対象にならない場合があります。

引用元:https://www.freee.co.jp/kb/kb-payroll/the-defference-on-social-insurance-and-employment-insurance/

つまりは、個人事業主なら5人以下なら加入しなくていいということです。

法人の場合は、一人でも加入しないといけないようなので、これはまたお得なお話ですね。

赤字になっても課税されない

法人の場合は、赤字でも数万円の課金があるのですが、個人事業主ならその課金がなく、赤字も3年間繰り越せるとのことです。

赤字を繰り越すことで、翌年にて差し引けるというのもお得な感じがします。

青色申告特別控除が受けられる

自分で確定申告をする時によく耳にする『青色申告』。

これによって、個人事業主は特別控除が受けられます。

青色申告特別控除は、青色申告者にのみ適用される控除です。 控除額は10万円と65万円の2種類があり、簿記の方法によって控除額が変わります。 簡易簿記、もしくは現金式簡易簿記の場合には10万円控除。 複式簿記で正しく記帳すれば65万円控除が受けられます。

引用元:https://biz-owner.net/koujo/ao65

控除が多くなるということは、課税対象となる金額が下がるということですから、結果的に税金として引かれる金額が安くなるということですね。

個人事業主のデメリット

ここまでメリットを並べてみましたが、ほぼ良いことばかりではないかとお思いかと思いますが、デメリットもあったりします。

それは、ビジネスにおいても社会においても、『信用が低い』ということ。

法人なら、上記で述べたような条件をクリアして法人化し、それを維持するために色々と手間と費用を掛けていることがわかります。

それに比べて個人事業主はその辺りが簡単に済んでしまいますから、信用という点でいけば、低くなることは想像に難くありませんね。

一緒に仕事をする相手が法人でない場合は、話し合いの土台に立てない可能性もあるかもしれません。

それともう1つ。

自分が取締役になるわけですから、もし自分が退いても後任を立てて事業を継続していくことが容易になります。

しかし個人事業主は、あくまでその個人が事業を行っているものですから、継承されにくいというのが、統計的に出ているようです。

社会的な信頼を重視したり、今後も代替わりをしながら継続していく場合は法人にしておいたほうがいいのかもしれません。

法人のメリット/デメリット

自分で会社をやってるとはいえ、自分が社長ならそれは個人事業主ということではないの?

倉田 航仁郎
倉田 航仁郎

自分で会社をやってるとはいえ、自分が社長ならそれは個人事業主ということではないの?

社長と個人事業主って同じじゃないの?

そう思ったので調べてみたら下記のように書いてありました。

個人事業主(自営業者)のことを株式会社の社長と混同して理解している者が多いが、それは間違いである。

個人事業主は会社を設立していないため、会社の社長とは呼べない。

会社の社長(法人経営者)は個人事業主ではなく、そのまま社長もしくは会社役員や会社経営者などと呼ぶのが普通である。

引用元:Wikipedia

おぉ、違うみたいです。

法律的に、『個人事業主』と『社長』は明確な切り分けがあるようですね。

では、法人になった時のメリットとデメリットについてはどうなのでしょう?

法人のメリット

調べた内容を箇条書きにしてみます。

  • 社会的信頼の高さから資金調達やビジネス獲得などが容易
  • 税金の優遇がある

では1つずつみていきましょう。

社会的信頼の高さから資金調達やビジネス獲得などが容易

社会的な信頼の高さは個人事業主のところでお伝えしました。

そのおかげで、銀行からの融資を受けたりする時に通りやすいようです。

事務所を構えたり、設備を買ったりという諸費用を全て自分の財布から支払ってまかなえるのなら気にすることはないでしょうけれど、大掛かりな設備が必要ば場合だと数千万円というお金が必要になることもあるでしょう。

そうなると、個人事業主では辛いことになってきます。

銀行としても、どこの馬の骨ともわからんやつに大金を貸すことはできませんからね。

あとは、ビジネスをする時、相手からの信頼が得られやすいとか、法人じゃないと相手にしてもらえないビッグチャンスをつかむことができるようになるとか、『信頼』に紐付いた色々が手に入るというのは、今後ビジネスをやっていくに当たってとても大切なことだと思います。

税金の優遇がある

先ほど、個人事業主で青色申告の特別控除があると言いましたが、法人は法人で色々とあったります。

その1つが法人税です。

青色申告では『所得税』となっていたものが法人になると『法人税』というものになります。

法人税は、事業で得た所得に対して課税されるもので、それは黒字になった時に限られているようで、赤字なら黒字の時の所得と相殺できるとのこと。

その繰り越しには期限があるようなので、注意が必要ですが、この辺りは個人事業主とは異なる点ですね。

【まとめ】フリーランスは個人事業主か法人か。結局どっちにすべきなのか?

ボクもまだ調べただけでハッキリと理解できない部分が多いのですが、この内容から判断したところを書いてみようと思います。

(もし上記の内容が間違っていたら教えてください・・・)

個人事業主の職種は多種多様なので一概に言えないと思います。

アフィリエイターやエンジニアだけでなく、レストランや占い師だってそうです。

ボクが目指すべき道は、アフィリエイトやライターを生業とするフリーランスですので、その視点で見ると、ボクは個人事業主でいいのではないかなと思います。

事業拡大はしたいですが、できるタイミングで法人化すればいいですし、実績を積んでいく間は焦ることないかなと。

それに、アフィリエイトに関しては信用も何もありませんしね。

ライターに関しても、法人化していない状態でも頂けるお仕事はたくさんありますので、それで地盤を築いていくというのがまずは先決かなという結論だからです。

以前下記の記事でお話しした、ハローワークからもらえる再就職手当に関しても、個人事業主でも対象ですからね。

なので、よほどの事情がない限り、しばらく個人事業主として、事業を継続することを大切にしていきたいです。

転職ではなく、自分で起業してやっていく場合を仮定したとき、ボクはそうしようと思っています。

また何か、新しい情報があればお伝えします。

今回はここまで。

タイトルとURLをコピーしました