ブラック企業を辞める勇気を持てば未来がひらける

脱サラのアレコレ
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、コージロー(@cohzirow3)です。

友人と話していてこんなことを言われました。

友人
友人

旦那に仕事を辞めて欲しいんだけど、本人が辞め時を見失ってるんだよね。

これはとても深刻で、大きな問題だと思います。

ボクは退職した人間で、その後の生活も模索中なので偉そうなことは言えませんが…

しかし、辞めたことで得たメリットの多さを思えば、辞めないという選択肢がないというのが正直なところです。

なので、今回はこんなお話。

  • どうしてブラック企業だとわかっていて辞められないのか
    辞めるにはどうしたらいいのか

では、始めていきましょう。

スポンサーリンク

ブラック企業だとわかっていても辞められない理由

自分が置かれている状況からくる理由

客観的に今いる場所がブラック企業だと認識しているのは同じでも、状況によって変わってきます。

例えば、

  • 周りを見て理解しているが、自分は今のところ被害を受けていない
  • 実際上司や同僚からブラックな仕打ち(パワハラなど)を受けている

このどちらかに当てはまるかと思います。

もし今被害を受けている場合。

辞めるかどうかというフェーズで悩むことになると思います。

もし今のところ被害を受けていない場合。

自分は大丈夫でも被害を受けている同僚を見ていて「いつか自分にくるかもしれない」という不安を抱いていたり、「辞める」と言った途端に豹変して標的になるかもしれないという恐怖を常に抱いている状況は、当たり前のようにあるのではないでしょうか。

実際、ボクは前者だったのですが、周りではそういう被害に遭っている人を見ていたものの、うまいことやっていれば大丈夫だろうと思い、なんとかやりくりしていました。

しかし、出勤できなくなったあたりから会社側が豹変して被害を受け始めた経緯があります。

その話は下記の記事でしていますのでもし興味があればどうぞ。

いずれにしても、そういう気配がある以上、簡単な理由ですぐに標的になってしまうのが世の常。

攻撃してくる敵は、標的なんて誰でもいいのです。

自分が正しい。自分のやり方が正義。仕事ができない奴が悪い。言う事聞かない奴が絶対悪。

そういう思いの塊だから、相手を選んだりはしません。

少しでも気に入らなくなったら全力で潰してきます。

そのまま退職に追い込まれるならまだしも、昔の会社で、辞めることも許されないことだってありました。

倉田 航仁郎
倉田 航仁郎

何をしたいのか?嫌なら辞めさせてくれたらいいのに!

そう思っていたけれど、攻めてくる敵にそんな倫理観なんてありません。

ただただ攻撃していじめ抜くことだけが目的なのですから、サンドバッグがいなくなることを簡単には許してくれないのです。

そして、それを薄々感じているから、そうなることが怖くて踏み切れない。

そんな状況において、辞める決断に至らない、至れない理由としては自分に中にも原因があったりします

それを次にお話しします。

自分の中にある理由

どんな状況に置かれていても辞められない、辞めることに踏ん切りがつかない状況は色々あると思います。

その中で自分の中にある理由として例を挙げると、

  • 今抜けたら仕事が回らなくなる
  • その会社に誘ってくれた人のメンツを立てないといけない
  • その会社内でお世話になった人を裏切るようなことができない
  • 今辞めて収入がなくなってしまうのは家庭の稼ぎ頭として決断すべきではない
  • 今は頑張り時だから、ここで諦めたらこれまでと同じことの繰り返しになってしまう

この辺りの思いから踏み切れないのではないか、というのがボクの経験則からくる見解です。

攻撃してくる敵以外で、わかってくれる仲間や同僚が唯一の救いで、すっごいお世話になっていたのだから、その人のことを思ったら出て行くわけには行かないし、裏切れない。

客観的には理解していても、そういう人情や責任感が枷となって身動きが取れなくなるのも、踏み切れない理由の大きな部分です。

ボクもそう思って辞められなかったです。

今抜けたらチームの仕事が回らず、守っていた人たちが辛い目に遭ってしまう。

これは一見とても人間的で素晴らしい考えです。

しかし、もっと俯瞰して物事を見てみませんか?

ブラック企業を辞められないことで本当に悲しむのが誰なのか

自分が今、誰を守りたいと思っているのか

状況的に集中砲火を受ける可能性に怯えたり、会社の仲間を悲しませたくなかったり、仕事を残していけないという優しさを滲ませたりすることで辞めるという選択肢を取れない状況。

もはやこうなると、正常に考えることなんてできません

自分の中にあるのは、自分を今の状況の中でどうやって守るかという思いだけ。

周りの誰をどうやって守るかとか、そんなことには脳が働かないのです。

日々自分を防御することで精一杯。

だからこそ、落ち着いて考えて欲しいんです。

「今、自分は一体誰を守りたいと思っているのか。誰を守るべきなのか。」

ということを。

会社?同僚?上司?

きっとそうじゃないはずです。

自分だったり、家族(妻、夫、彼女、彼氏含む)だったりしませんか?

今、自分のことを一番心配してくれているのは家族なはずですよ。

そう思えたら、少しでいいから家族の声に耳を傾けてみてください。

続けて欲しい!辞めるな!って言わないと思います。

本当に悲しむであろう人の言うことを聞いてみる

自分が辛い思いをすることで本当に悲しむ人が、自分に向けて発してくれる言葉はとても大切です。

だって、全てを捨てても相手を守りたいと思ってくれている人ですよ?

その人の言葉に、少しでいいから耳を傾けてみてください。

会社も同僚も、あなたに辞められたところで仕事は滞るから困るでしょうけれど、絶対に悲しみませんし、いくら社員数が少なかろうと数日経てばどうにかなってしまうのが会社というものです。

仮にどうにかならなかったとしても、ほかに標的が移ったとしても、あなたに責任はありません

社員を人として扱わなかった会社そのものが問題なのですから、その会社が存続するために、わざわざ身を削って尽力してあげる理由なんてないのです。

身を削って、心を壊して、身体を壊して悲しむのは家族です。友達です。

そして、その症状を一生背負っていかないといけない自分自身です。

そうやって本気で心配してくれる身近な人たちの言葉は本当に大切です。

聞くことができるなら、ゆっくりでいいから聞いてあげてください。

どうやったら辞められるのか

普通に言っても意外とすんなり行く場合もあるが予防線は用意しておく

会社からしたら「ついに来たか」という事で、サクッと辞められる場合もあります。

そうなれば良いのですが、そうならない場合もあります。

法的な措置に出たり、損害賠償を求めて来たり、悪質な嫌がらせして来たり。

実際、僕は退職金は出たけれど、もらえるはずだった決算賞与がもらえなかったり、退職関連書類がなかなか届かなかったり、細かい問題はありましたしね。

そうならないために、弁護士さんや労基への相談を事前に行って予防線を張り、自分が悪くないという状況を確固たるものにしてから退職届を提出しましょう。

この辺りは、置かれている状況にもよりますし、ネットで様々なケースに対応する方法が説明されていて一概に言えないので調べてみてください。

内容証明郵便で郵送することで確実に会社へ届けることも可能で、効果はあるとのことですし。

なんにしても、そういった行動に出るには勇気が必要です。

しかし、解決すれば終わります。

辞めて、退職関連書類を入手してしまえば終わりで、一生関わることがないのです。

でも、もし辞めなければ、会社が存続する限り一生続きます

どちらが自分にとって、家族にとって有益なのか。

その天秤の傾きを素直に判断してみてください。

将来への不安は辞めてから落ち着いて考えて1つずつ解決する

会社は社員を人としてではなく、コマとしてしか見ていない

以前、下記の記事の中でそのようなことを述べました。

そんな会社のために、命を削る理由がありますか?

もし、今の会社に満足していて、辞めるなんてもってのほかだと思っているなら全然いいと思います。

会社に属して様々なスキルを身につけて成長して行くことも1つの道ですから。

でももし、辞めたいと思っているなら、会社のことや仕事のことを気にする事はありません

辞めたとしても、健康なら仕事はどうにでもなる

実際ボクがそうですが、散々な目に遭って辞めたこともあって、こうして会社に属さないフリーランスという生き方を目指して行動しているところです。

転職してもいいでしょう。

自分の年齢や、家族の状況や考えをしっかり加味して、自分が本当にやりたいことに挑戦するのもいいと思います。

同じ時間働くなら、好きなことで時間を使うべきです。

命を削って、いじめられながら1日20時間近く働き続けるくらいなら、好きな仕事に当てた方が同じ時間を使っていても絶対有意義ですし、精神的負担もありません

ボクみたいな素人でもクラウドソーシングで長期契約することもできますし、取り組み方によっては収益を挙げられます。

ちょっと少ないですが、試しにやってみたときの記事を書きに貼っておきます。

とにかく。

あなたの将来は明るいのです。

それを自ら閉ざす必要はありません。

そして、今から考えず、今の会社が悲惨な状況なら、まずは辞めることに専念して、失業保険をもらっている間に考えればいいのです。

コマとしてしか見ていない会社のために命を捨てますか?

自分のやりたいことで生き生きとした人生を家族とともに歩みますか?

【まとめ】少しの勇気と正当な後ろ盾を持って一歩踏み出そう

ボクは辞めて正解だったと思っています。

だから、もし辞めたいけど踏み切れないと思っている人には、是非すぐに会社を辞めて欲しいのです。

そのさきの将来を保証する事は、ボクにはできませんが、バイタリティと生きる力を持って臨めば道は開けると信じています。

その道の1つとして、ボクはフリーランスを選んだわけです。

その内容は、下記の記事で説明したのでよかったらご参考にしていただければと思います。

今は正常な判断ができない時期だと思いますが、普通に働いていて、そんなになるまで精神が追い込まれる生き方そのものがおかしいのですよ?

もっと健全に生きられるはずなのですから。

自分の将来を悲観せず、諦めず、前を向きませんか?

その決断には時間がかかるかもしれませんが、少しずつでも前進してくれることを願っています。

今回はここまで。

タイトルとURLをコピーしました